岸和田市に所在しておりますが
全国よりご注文承っております






この記事は、1919年〜1948年まで存在していたされている大韓民国臨時政府について、下記のアメリカ政府の正式外交記録に基づき書きました。

@米国国立公文書館のウェブサイトでの検索
A公表された外交資料(30年で機密指定解除)を年別・国別・テーマ別に整理し、作成された外交関係公表資料ライブラリー(アメリカの2つの大学が協力して作成)

上記を読んだ私の率直な印象は、大韓民国臨時政府は、「歴史の拡張解釈」によって創出されたものに過ぎず、長年にわたり朝鮮にいなかった少数の活動家による朝鮮以外での朝鮮独立運動であるという点につきます。

「我々朝鮮人は、優れた民族だ!だからこそ、日帝支配後(1910年以降)も、ちゃんと我々の臨時政府は、海外に存続し続けていたのだ!」

という韓国人の方々の「思い=朝鮮語のハン」が創出した歴史である大韓民国臨時政府について、確実な1次資料による検証の一助になれば幸いです。

なお、朝鮮語のハンは、通常は、「恨み」と訳されますが、私は「思い」と訳します。また、民団系在日朝鮮人の方々に、上記の正式外交資料を是非読まれることを特にお勧め申し上げます。


大韓民国臨時政府 1941年まで



大韓民国臨時政府は、通常は、1919年中国上海で設立されたとされており、韓国政府の正式見解でもあります。

しかしながら、米国国立公文書館のウェブサイトで、”Provisional Government of the Republic of Korea"にて検索又は"Korean Provisional Government"にて検索しても、現在確認できる範囲では、アメリカ政府は、大韓民国臨時政府が1919年中国上海で設立されたことなど把握していません。

なお、興味深いのは、主として韓国側資料に依拠した書籍を元に書かれたWikipediaの大韓民国臨時政府では、1933年当時の大韓民国臨時政府の大統領?は、李東寧(1933年9月まで)及び梁起鐸(1933年10月以降)とされていますが、李承晩は、1933年時点で、自らを大韓民国臨時政府の大統領と称している(←リンク先は、米国国立公文書館のウェブサイトの該当ページ)状態であったことです。

そして、アメリカ政府の公式外交記録で、いわゆる”大韓民国臨時政府”が、初めて登場するのは、20年以上経過した1941年12月22日以降です。


大韓民国臨時政府 開戦から1942年まで


1941年12月22日、太平洋戦争開戦直後に、当時のハル国務長官は、次のように、その当時は中国重慶にあったアメリカ大使館のガウス大使に対し、電信にて指示しています。
下記は、画像化されたものであり、画像をクリック・タップで、元の米国国立公文書館のウェブサイトの該当ページを表示します
(以下同じであり、原文の部分引用等は、画像リンク先の米国国立公文書館のウェブサイトからコピペしてください)


上記の要旨は、次のとおりです。

中国重慶にあると主張されている、いわゆる大韓民国臨時政府について下記を調べよ。
@いわゆる大韓民国臨時政府の支持者の広がりと組織
A武装した志願者の数と作戦範囲
B朝鮮本土及び満州に存在しているかもしれない抗日勢力との連携の有無

上記の本国指示に対し、ガウス大使は、電信で下記のように回答しています。


上記の要旨は、次のとおりです

@(いわゆる大韓民国臨時政府についての重慶での)現在の動向は、熱烈なものではない。
A臨時政府の支持者と組織についてはわからない
B重慶付近にいる朝鮮人は、200人を超えていない
C中国軍と共に、武装した朝鮮人志願兵の小さな一つの部隊がある
Ctjo so wang=趙素ミが、重慶での代表であり、外務大臣を名乗っている
Dいわゆる大韓民国臨時政府は、穏健な韓国独立党(Korean Indenpendence Party)の支配下にあるが、その勢力は不明
E左翼の朝鮮民族革命党(National Revolutionary Party)の方が、満州において支持者が多い。

なお、tjo so-wangは、漢字では趙素ミです。ガウス大使は、tjosowang,tjo so-wang等と表記していますが、朝鮮人名の昭和初期の英訳表記であり、現在では一般的ではありません。Joe so-angとも表示でき、趙素ミ自身は、自分の名前の英語表記として、Joe so-angと表記しています。

私が思うに、上記のガウス大使の回答中、

ABからして(英語原文ご参照)、1941年末において、中国重慶には、臨時政府と名乗る程の組織は、なかったと考えざるを得ません。
何故なら、現地の大使が調べてすら、「大韓民国臨時政府の組織」が直ぐに判明していないからです。通常すぐに、判明するはずです。

例えば、この頃の「いわゆる大韓民国臨時政府」の大統領?は、在日韓国人(帰化者含む)の方々によって当初は書かれた推測されるWikipediaの記事では、金九とされていますが、ガウス大使の返電には、金九の名前すらでてきません。(英語原文ご参照)本国政府の国務長官名の指示に基づき、現地の大使が調べてすら、組織全体=大韓民国臨時政府の代表者名がガウス大使の返電に表記されていないのです。

また、大韓民国臨時政府は、1945年まで朝鮮本国には存在しなかった亡命政府ですが、200名以下の朝鮮人しかいない重慶で、常識的には、亡命政府はあり得ないと考えます。
チベット亡命政府は、亡命政府の名に値するかどうかは別として、少なくとも10万以上のチベット人亡命者をバックボーンとしていることと比較すれば、一目瞭然ではないでしょうか?

なお、上記のガウス大使の電信報告中Eが分かりにくいため、筑波大学大学院加納敦子さんの論文から引用しておきます。
大韓民国臨時政府という朝鮮独立運動グループは、朝鮮以外での独立運動グループの一つに過ぎないのだという点に充分ご注意ください。
なお、この論文の結論は、いわゆる光復軍?の功績に関する韓国政府による捏造に近い歴史の曲解を鋭く指摘しています。

「1938 年には中国国民政府は 首都を重慶に移転した。中国国民政府の援助のもの とで中国国内において朝鮮独立運動を展開してい た韓国独立党、朝鮮民族革命党の二派を中心す る朝鮮独立運動家たちも、中国国民政府と共に重 慶へと移動した 。韓国独立党は、大韓民国臨時政府の流れを汲む金九率いる民族主義右派の党で ある一方、朝鮮民族革命党は、金若山(金元鳳) 率いる、より強力な民族主義左派の党であり、両党は互いに対立していた 。重慶には、中国国民 政府の支援を受け、この二派を中心とする韓国独 立運動家とその家族たち 300 人程度が滞在して いた。

重慶でも、両党の対立は続いていた。「印緬戦 区工作隊」の副隊長である文応国の証言によれば、 臨時政府は重慶で揚子江と嘉陵江が交差するとこ ろの頂点に位置した。そして、揚子江の一方の側 には韓国独立党を中心とした臨時政府の要人たち が、河を挟んで反対側には朝鮮民族革命党に関係 する者たちが暮らし、揚子江を隔てて両党は互い に昼夜反目していたという(資料調査室編 1986: 106-107)。中国国民政府が金九と金若山の双方を 支援し、援助金を渡していたことが、両党の対立 をより熾烈にした 」


上記画像のように、その後、趙素ミ(tjo so-wang)は、アメリカ大使館を訪ね、ガウス大使本人と直接面談し、ガウス大使は、書面で、1942年2月22日に本国政府に報告しています。

この本国政府への報告中、私が最重要と考えるのは、上の画像の赤線部分です。

赤線部分の趣旨は、

「満州における朝鮮独立(運動)グループに関する趙素ミ(tjo so-wang)氏への質問は、うまくはぐらかされた。そして、私(=ガウスアメリカ大使)は、”臨時政府”とそのような(朝鮮以外の)諸グループとの間の関係について、いかなる明確かつ実際的な言明をも趙(tjo) 氏から得ることができなかった。」

wikipedia等で、1940年以降重慶にあったとされている大韓民国臨時政府は、1942年時点では、当時アメリカワシントンで活動していた李承晩を別とすれば、満州(朝鮮人が多く、3・1運動の後、多くの活動家が逃げた。韓国の成均館大学教授の論文P23によれば、約48万人)や他の地域(ソビエト領内=沿海州の朝鮮人で前記P24によれば、約9万名。ただし、その後ほぼ全員がカザフスタンへ強制移住)とはほとんど全く無関係に、そして、孤立した状態であったと考えざるを得ないのです。

また、大韓民国臨時政府と朝鮮本国の独立運動活動家との連携を直接示す内容やそれを示唆する内容が、1945年8月15日に至るまで、公表されたアメリカ政府の正式外交記録には、一切ありません。(決定的に重要です。この点についてのアメリカ政府の終戦前見解は、下記ご参照。)

1940年当時日本領であった朝鮮本国と交戦国であった中国との連絡は、一般人には極めて困難で、朝鮮本土にいた人々は、「大韓民国臨時政府が、重慶にあった」ことなど、そもそも知りうる手段すらほとんどなかったはずです。朝鮮にいた人々が、「大韓民国臨時政府が、重慶にあった」ことを知ったのは、光復日=1945年8月15日以降であると考えざるを得ず、朝鮮人の方々は、狂喜乱舞されたことでしょう。

この点に関しては、アメリカ政府も当然気づいており、1942年5月1日付のハル国務長官→ガウス大使への指示電信にて、

1942年時点では、


@大韓民国臨時政府(重慶)の承認を延期することが望ましい」と中国政府に伝えよ。(蒋介石が、「承認が望ましい」と感じたためこの指示が冒頭になりました)
A大韓民国臨時政府(重慶)を含め、いくつかある朝鮮独立運動組織を承認しない理由として、(英語原文を記載しておきます)

you may inform the Chinese authorities that this Government had had no immediate intention of according recognition to any one Korean group in view of such factors as:
(a) the lack of unity existing among Korean groups interested in achieving Korean independence
and
(b) the probability that groups now existing outside of Korea have little association with the Korean population in Korea.

としています。

(a) は、単に大韓民国臨時政府(重慶)の他にもいくつかの朝鮮人の朝鮮独立運動組織があり、「まとまりがない」としているだけです。

(b) の趣旨は、

「朝鮮以外(の地)で、現時点で、存在している諸グループは、朝鮮の住民とはほとんど関係がないという可能性」です。

そして、これら朝鮮人の朝鮮独立運動組織のうち、地理的に、朝鮮本国から最も遠かったのが、重慶にあった大韓民国臨時政府です。

また、上記の本国政府指示は、事実上、その前のガウス大使の本国への下記の報告を元に同大使に指示したものに過ぎません。

the inability of any one of their organizations to show that it has a real following among the Koreans in the homeland.
趣旨は、
「(大韓民国臨時政府をはじめとする)朝鮮独立運動諸組織のいずれもが、母国(=朝鮮)における朝鮮人の間で、真の支持者を有していることを示すことができない」

なお、最終的なアメリカ・イギリス政府の見解は、「当地(中国の重慶)のグループ及び朝鮮本土以外のいかなるグループも、非常に長い年月の間一人として朝鮮にいなかったからして、朝鮮の人々を真に代表するものではなかった」ですが、その理由は、上記(b) であり、可能性ではなく真実でした!

ご参考までに、1945年3月1日付329電信(ガウス大使→アメリカ国務省)によれば、「アメリカの飛行機からリーフレットを朝鮮本土にばらまく」ことを趙素ミ(tjo so-wang)氏は、電話でガウス大使へ提案しています。3・1運動の後、日本以上に、警察による締め付けの厳しかったと思われる朝鮮本土の人々が、「大韓民国臨時政府が、重慶にある」ことを知りうる唯一の方法でしょう。
そして、本国にいる人々が、亡命政府があること自体すら知らないのであれば、常識的には、亡命政府などあり得ないのではないでしょうか?ほとんどの中国のチベット人の方々は、チベット亡命政府の存在を知っているはずです。

また、日本の朝鮮支配と朝鮮独立運動に焦点をあてた韓国人の歴史学者の論文(P23)ですら、次のような苦しい記述をせざるを得ない状況であったのです。

「苛酷な官憲統治下において独立運動は徹底した弾圧の対象だったのみで、そのため に独立とつながる政治活動が国内では極めて制限されていた。(中略)持続的で組織的な独立運動は大部分が国外で展開された。国外独立運動は国内と連結した場合が多かったが、そうでない場合も少なくなかった。あるいは、連結されていたとはいえ、共産主義者の地下闘争を外すれば、ほとんど全てが国外中心で、一時的な場合が多かった。」


(ご参考@)


(ご参考A) 「韓国における朝鮮人特攻隊員像の変容」(立命館産業社会論集第52巻第4号)P70より、引用。権 学俊 立命館大学教授の論文、お名前から在日朝鮮人の方でしょう。 (ただし、赤字強調は私が行いました)残念ながら、権教授の言う「臨時政府をはじめとする海外で独立運動を行った人々」の数は、少数であったでしょうが、世界最強の反日国家韓国の 対日観形成過程がよくわかります

P70「 解放後、臨時政府をはじめとする海外で独立運動を行った人々に対する記念行為も重要な政治的意味を持っており、朝鮮独立を志向した民族主義的な思想や運動が政治的な正当性を付与したのは 自然な過程であった。そして、植民地時代の反日闘争・独立運動が韓国社会の戦時中の公式的な記憶として定着し,韓国の歴史が「再生産」されたため, 朝鮮人特攻隊員の存在は公的な歴史から意図的に抹消され,追放されたのである。特に初代大統領の李承晩や軍事政権時代の朴正熙などは,国家アイデン ティティの樹立のために反共・反日主義のイデオロギーを徹底的に利用した。このイデオロギーが韓国社会の支配的な役割を果たしたのは間違いない。 (途中略)韓国では、長年にわたり歴史教科書は、国定の一種に限られていたが、その内容は植民地時代の抑圧動員被害や数多くの反日闘争・独立運動に関する記述が多くを占め、民族主義・反日等 政治的意図が反映された代物であった

当時、中国政府のあった重慶は、上図の位置にあり、重慶(敵国の首都)から朝鮮本土(日本領)に、当時の主たる通信手段である直接の手紙や人による直接訪問・面談が、不可能に近いほど困難であったことがお判りいただけるでしょう。重慶にあったとされているいわゆる大韓民国臨時政府と朝鮮本土の直接連絡=連携は、そもそも、客観的に極めて困難でした。
重慶→スイス等他国→朝鮮のルート(逆も同じルート)で、手紙を送付する手段しかありませんが、アメリカ政府公式外交記録上は、連携の形跡は見当たりません。
なお、僅かに、重慶と朝鮮との間接連絡を示唆するものとしてこの記録のみがあります。



上記の注の赤線部分の趣旨は、次のとおりです。

「当地(中国の重慶)のグループ及び朝鮮本土以外のいかなるグループも、非常に長い年月の間一人として朝鮮にいなかったからして、朝鮮の人々を真に代表するものではなかった」

上記は、1945年2月の当時重慶にいたアチソン国務次官補の電信の注ですが、私には、上記の点が本当に決め手であると思われます。

朝鮮本土はいうに及ばず、満州、その他の中国各地で全く日帝(朝鮮人の表現)と戦うことなく、戦おうとすらせず、李承晩のごとく安全なアメリカや、趙素ミ(tjosowang)のごとく戦地ではなかった中国の重慶で、中国政府等の庇護の元、「口先だけで、のうのうと安全な日々を過ごした誠に恥ずべき連中=大韓民国臨時政府のメンバー」なのではないでしょうか?例えば、ガウス大使の本国政府への電信には、全体を通じて、趙素ミ(tjosowang)氏への嫌悪感を漂わせる表記がいくつもあり、当然でしょう。

少なくとも、私たち日本人にはそう思えるのです。私たち日本人とあなた方の決定的な差です。
そして、韓国憲法前文には、「大韓民国臨時政府の法統」と誇らしげに書かれていますね!?!?


大韓民国臨時政府 1943年〜終戦まで

 




上記原文にあるように、私見とことわりつつも、ガウス大使は、Korean Provisional Government(朝鮮臨時政府と直訳します。ここでは、大韓民国臨時政府ではないのです。Republicが消えています)は、ノルウェー・ベルギー・オランダのような亡命政府ではなかったと明言し、むしろ、朝鮮独立運動であるとしています。

現地にいて実情を良く知るガウス大使の誠に常識的な見解であり、大韓民国臨時政府=長年にわたり朝鮮にいなかった少数の活動家による朝鮮以外での朝鮮独立運動と言い切ってよいと考えます。

なお、赤線部分の趣旨は、
「大韓民国臨時政府の承認問題に関しては、 (趙素ミ=Tjosowang=大韓民国臨時政府の外務大臣と称していたに対し、)本国政府の指示はないものの、私の個人的見解では、大韓民国臨時政府は、ノルウェー・ベルギー・オランダのような亡命政府ではなく、むしろ朝鮮独立運動であると返答した」


では、ガウス大使のこの私見に対する本国政府の回答は?




上記原文にあるように、ガウス大使の私見は、本国政府国務省のフル承認を得ています。



再度、上記赤線部分の趣旨を書きます。

「当地(中国の重慶)のグループ及び朝鮮本土以外のいかなるグループも、非常に長い年月の間一人として朝鮮にいなかったからして、朝鮮の人々を真に代表するものではなかった」

私は、上記英文を初めて読んだ際、変な表現ですが、「さも貴様らには、大韓民国臨時政府の承認云々を言い出す資格などないのだ!」と言いたげだな?と感じました。
Telegram not printedとあり、30年経過で機密解除はされているとはいえ、プリントされなかった電信(4月2日午後2時、番号560)には、外交儀礼上、公表すべきではないと判断した内容が含まれていたと推測します。そして、恐らく、電信の内容は、私が感じたものと同じでしょう。

朝鮮本土外のどのグループも真に朝鮮の人々の代表ではないことこそが、朝鮮臨時政府(大韓民国臨時政府)がアメリカ・イギリスなど他国によって承認されなかった真の原因であると私は考えます。繰り返しになりますが、当時日本領であった朝鮮本国と交戦国であった中国(宣戦布告なしのため1932年以降交戦国とします)・アメリカ(1941年以降交戦国)との連絡は、一般人には極めて困難で、朝鮮本土にいた人々は、「大韓民国臨時政府が、重慶にあった」ことなど、そもそも知りうる手段すらほとんどなかったはずです。ですから、「朝鮮の人々の代表ではないこと」は、自明なのではないでしょうか?


上記原文赤線部分の趣旨は、

「注意されるべきであるのは、イギリス外務省は、大韓民国臨時政府の承認を熟考すべき当面の理由はないという点について、アメリカ国務省に同意するということである。」

これが、終戦=光復日=1945年8月15日までの最終結論です。


なお、終戦後、大韓民国臨時政府は、朝鮮の人々に初めて知られるようになり、李承晩その他が、「臨時政府としての承認」を求め盛んに運動したようですが(言及の価値無しと考えます)最後まで、その庇護者であった中国を含めてアメリカ・イギリス等他国からは、臨時政府として承認されませんでした。当然であると考えます。

そして、私は一人の日本人として、できることを考え、2018年7月15日午後5時頃英文Wikipediaの大韓民国臨時政府の記事に、次の内容を追加しました。何故、日本語版に追記しないのかと思われるでしょうが、記述に一貫性を全く欠く酷い内容の日本語版では、確実な1次資料に基づく歴史的事実を追加しても、すぐに在日朝鮮人(朝鮮総連系を除き、帰化者を含む)の方々の手によって、ただちに削除され時間の無駄にすぎないと考えたからです。

However, please strongly keep in mind

that “Neither the group here nor any group outside of Korea were really representative of the Korean people as none of them had been in Korea for a great many years.”(footer notes, The Chargé in China (Atcheson) to the Secretary of StateChungking, April 9, 1945—11 a.m.);

that "I had no instructions from my Government but that my personal view was that the “Korean Provisional Government” was not a Government in exile, such as the Governments of Norway, Belgium and the Netherlands, but rather a Korean independence movement"( The Ambassador in China (Gauss) to the Secretary of State Chungking, No. 2583 May 19, 1944.);

and that "The views and opinions which you expressed to the Korean “Foreign Minister” (your despatch no. 2583, dated May 19, 1944) have the full approval of the Department." (The Secretary of State to the Ambassador in China (Gauss)Washington, June 12, 1944);


その後、2018年7月25日に私が書きこんだ内容は、IPアドレスが106.245.179.205(追跡すると、韓国のKuriという市に所在)の者(確実に韓国人でしょう)によって、全て削除されました。歴史的事実は、事実としてそのまま受け入れるべきであるにもかかわらず・・・。

黙視したままでいることは、認めるに等しいです。このため、2018年7月28日に再度下記の内容を書き込みました。 上記の韓国人は、ここまではっきり証拠を示しても再度削除する可能性が高いです

For instance, according to official diplomatic record of USA, the ambassador(Mr Gauss) in China said to Korean Provisional Government “Foreign Minister” on May 16, 1944 as follows.

[The Ambassador in China ( Gauss ) to the Secretary of State No. 2583 Chungking , May 19, 1944.(Received June 2.)

With reference to the question of “recognition” of the Korean Provisional Government, I replied that I had no instructions from my Government but that my personal view was that the “Korean Provisional Government” was not a Government in exile,such as the Governments of Norway, Belgium and the Netherlands, but rather a Korean independence movement and that the question of “recognition” is not a matter of moment to the United Nations or to those constituting the “Provisional Government” or independence movement.]

,and the Secretary of State replied the ambassador(Mr Gauss) as follows
[The Secretary of State to the Ambassador in China ( Gauss )Washington , June 12, 1944?9 p.m.

The views and opinions which you expressed to the Korean “Foreign Minister” (your despatch no. 2583, dated May 19, 1944) have the full approval of the Department.]

上記の書き込みも即日=同じ28日、IPアドレス218.50.176.10(韓国のYonginに所在)の韓国人によって削除されましたので、8月2日に元に戻しました。

また、在日朝鮮人(朝鮮総連系を除き、帰化者を含む)の手による削除の可能性が少ないと考えられる日本語Wikipediaの記事(光復軍)に2018年7月17日午後5時30分頃、下記内容を追記しました。その後、私が書きこんだ推定を含む不確かな内容は、別の日本人の方の手によって、最終的に正確な内容に変更されました。感謝します。

「なお、アメリカ政府の公式外交記録(1945年2月5日)にて、蒋介石中国政府要人の発言として、当時中国重慶には2000名もの日本軍の朝鮮人志願兵捕虜が存在し、いわゆる"大韓民国臨時政府"がこれら朝鮮人志願兵捕虜と連携していたと明記されていることから、上記中国政府要人の発言が真実であるならば、光復軍兵士の多くは、「転向」した朝鮮人志願兵捕虜であったことを強く示唆している。 」(注)

(注)@朝鮮では1944年4月から徴兵制施行されていますが、徴兵検査(4月〜8月)→当時の朝鮮軍に同年9月に一度配属され、短期訓練(訓練期間不明)→朝鮮軍以外の中国戦線の部隊へ実戦配属→戦闘で中国軍へ投降の順のため、1945年2月5日付(=捕虜となったのは、この日以前)の下記原文が示す時点での朝鮮人日本兵捕虜のほぼ100%近くが朝鮮人志願兵(1938年〜。総数約2万2000名)であったと思われますが、徴兵された者が含まれていた可能性も完全には否定しえないので、7月28日に文言一部修正しました

徴兵された朝鮮人兵が1944年9月に入隊したのは、この韓国の成均館大学教授の論文に依拠しています。志願兵は、一般朝鮮人志願兵 17,644名、朝鮮人学徒特別志願兵4,385名計約22000名です。同論文P21。韓国人が書いた歴史論文ですので信憑性は?と思う方もいるでしょうが、記述内容=歴史の解釈は別として、時期と数字は、信憑性がある場合が多いです。 なお、徴兵者数は、軍人・軍属を合わせて約20万人(同論文P21)で、志願兵と異なり、その多くは、南洋諸島などの設営隊員や「捕虜収容所の監視員など悪役を数多く任され」(同論文P22)たとしています。

Mr. Shao stated that the Korean Provisional Government has now undertaken a program along the lines of Mr. Shao’s  suggestions and that among other things they were working with captured Korean troops in Chungking who number about 2,000, with a view to training them for duties as underground agents.

Aしかし、韓国では、小学生向け韓国の国定歴史教科書(P127)で、2万人以上の朝鮮人志願兵は完全無視して、

「大韓民国臨時政府は、中国の諸地域に散在して戦っていた独立軍を一つに集めて光復 軍を組織した。そして、曰本の軍隊に強制徴用されたが脱出した青年たちも、光復軍に 移ってきた。」

と小学生に教えています。韓国の小学生が成長し、大韓民国臨時政府を確実な資料で自分で調べるとどう思うのでしょうか?彼らが、「自分自身に嘘をつかない」ことを私は強く願います。

なお、光復軍?の全兵力は、韓国語版wikipediaでは、339人日本語版では、514人としています。人員の差は、終戦後に、光復軍?に加入した者を含むかどうかによります。
果たして、この人員数で「軍」と呼び、小学生向けの韓国の国定歴史教科書(P127)で上記のような記載ができるものなのでしょうか?非常に理解に苦しむ現象ですが、朝鮮人固有の文化とも言える極端な「形式主義」の極致と理解するほかないでしょう。
そして、この「形式主義」こそが、いわゆる大韓民国臨時政府を歴史的に創出したと考えます。

なお、光復軍と称するバカバカしいと言い切れる集団について、筑波大学大学院のこの論文が詳しいです

果たして私が追記した内容は、いつまで削除されずに残るでしょうか?在日朝鮮人(朝鮮総連系を除き、帰化者を含む)は、いつ削除するのでしょうか?注視したいと考えます。

日本人から見て、「北朝鮮は、狂っている」と誰でも思うでしょう。そして、大韓民国臨時政府を確実な資料で直接調べると「韓国も狂っている」というのが、私の率直な印象です。

しかし、歴史的事実を歪め、「歴史を拡張解釈」することは許されるべきではないでしょう。

韓国人が、「そう思いたいなら、そう思わせておけば良い」は、即ち、日本国内の北朝鮮人が「そう思いたいなら、そう思わせておけば良い」に等しいです。

黙視したままでいることは、黙認です。認めたことになります。

「そう思いたいなら、そう思わせておけば良い」=黙認 こそが、朝鮮総連が、今日に至るまで、日本国内においてその組織を保持しえた根本原因であり、朝鮮半島有事の際の朝鮮総連の危険性がもっと認識されてしかるべきであると強く考えます。


終わり。



2018年11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

最近の記事

日付は、降順
大韓民国臨時政府について
朝鮮人ー 私たちから「遠い民族」
北朝鮮と朝鮮総連そして原発
スマホ・パソコンの画像を表示し、一部を切り取り
新たなサーチエンジン Ahoo Japan 登場
表示内容入力しないと送信不可フォーム
問い合わせ用ページへのロシアから攻撃
空母大鳳と原発事故ーその設計思想
「坂の上の雲」の謎
土生滝だんじり新調A続報
土生滝だんじり新調
GMOのSEO
SEOとブログ
curl関数
formのvalueを変数へ
関数の上書きをする方法
str_replaceの複数語句変
拡張子指定サイト内ファイル一覧
stringのみ対象をvariablesへ
directory関数で拡張子指定
Directory内のファイル名取得
複数ページを取得し検索
Htmlメール文字化け防止
Formから他のFormへ自動入力
平成27年2月26日の独り言
いくつかのifを並列し他はelse
PHPリロード対策
PHPの文字化け対策のまとめ
外部ファイルデータを配列へ
今日から始まるカレンダー